OKI KENICHI個展「THIS MOMENT」

アーティスト・OKI KENICHI(@okiiiiiiiiii )の個展「THIS MOMENT」を東京・高田馬場のケーススタディスタジオ「BaBaBa」にて4月12日(金)より開催いたします。
昨年福岡から東京へ活動拠点を移したOKIにとって過去最大規模の個展となります。

福岡に生まれ、週刊少年ジャンプで連載が始まったドラゴンボールの絵に魅了されたことをきっかけに絵を描き始め、2012年の初個展より本格的にアーティストとしての活動をスタートしたOKI KENICHI。現在は国内外で作品を発表しながらブランドとのコラボレーションや自身のグッズを展開する売店OKIOSKの運営など、活動の場を広げています。

OKIの制作コンセプトに“人に求められるものを描くのはアーティストではない。自身が求めるものを描くのがアーティストである。”という信念があります。
その言葉の通り、OKIの作品はクレヨンや色鉛筆、アクリル絵の具、近年はスプレーを中心に、手法においてもその時に求める表現に合う画材を使用して描かれます。
このようなプロセスによって生み出された、自身の思考を反映し人物や花をモチーフとした抽象画や、アルファベットを好きな形に変形させて描く「OKIフォント」を用いた文字作品、そして愛と喜びを1輪の花に込めた作品「21世紀のこの荒野に」はOKIの代表的なシリーズとして広く認知されています。

また、OKIは作品の中に鮮やかなネオンカラーを意識的に取り入れています。この背景には幼少期から自身が好んでいたカラーであることに加えて、2012年に7名の作家によって構成されたアーティストレーベル「Henry&Mathew」での経験があります。
「Henry&Mathew」は明るさが足りないと感じる場所にアートによって明かりを灯すことを目的として活動を行いました。その活動場所は病院や公園、商店街から始まり、時代と共に廃れてしまった須崎公園(福岡市)を再生すべく、2014年から5年間続いたイベント「NORTH TENJIN PICNICS」にまで広がります。
このようにOKIはアーティストとして常に人々や街に寄り添い、その生活が少しでも明るくなるように作品を制作し続け、ネオンカラーはまさに「明かり」となって私たちの日常を照らしてくれるのです。

本展ではタイトルである「THIS MOMENT」が示すように、OKIが今この瞬間に描きたいと思うものを描くために実直にキャンバスと向き合い、絵を描き続けられることの“喜び”と慣れ親しんだ福岡を離れ、東京でアーティストとして生きていく“覚悟”が込められた作品群が並びます。
躍動感と繊細さが共存した作品は混沌とした現代社会に彩りを与えるメッセージとなって鑑賞者へ届けられることでしょう。
またOKIと親交のある、世界各地に点在する出処不明な東洋文化への想いをドープに解釈し、サンプリングとプリンティングによって表現するグラフィックユニットZONSHANG(@zon_shang )との共作も発表します。
OKIの新境地をぜひこの機会にご高覧ください。


OKI KENICHI 個展「THIS MOMENT」
日時:4月12(金)〜4月21日(日) 12:00〜19:00 入場無料
会場:BaBaBa(@bababa_jpn)
住所:東京都新宿区下落合2-5-15 1F
企画:@satoshi_818 
マネージメント:@mutsumi.ando

OKI KENICHI
人物を変形させることで思考を表現した抽象画、アルファベットを独自の形に変形させた文字作品、またはその2つを掛け合わせた作品をベースに、立体作品やインスタレーション作品なども発表している。
2014年にはニューヨークへ渡り、Bushwick Open Studiosの参加アーティストに選出され、その後、国内のみならず海外での活動も続けている。また、アパレルブランドやミュージシャンとのコラボレーションアイテムのデザインも多数手掛ける。
Kenichi Oki(@okiiiiiiiiii) • Instagram

graf × OIL by 美術手帖ギャラリー × BaBaBa
“⺠衆のための芸術と今日の工芸”

~陶芸、テキスタイル、写真、工芸など10組のアーティストの作品から、ものづくりの現在地を探る。~

BaBaBaとOIL by 美術手帖ギャラリー(東京都 渋谷区 渋谷PARCO2階)にて、展覧会「⺠衆のための芸術と今日の工芸」を、2023年11月10日(金)~11月27日(月)にかけて開催。クリエイティブユニット・grafとOIL by 美術手帖ギャラリーの共同キュレーションとなる本展では、日本各地を拠点に活躍する10組のアーティストを紹介します。

かつて、ウィリアムモリスが唱えた「アーツ・アンド・クラフツ運動」は、手工芸の復興や人間と物事 との社会調和をこころざし、大量生産や資本主義への疑念を元に、芸術のあり方や職人の技術を基礎とするための活動でした。それらの思想から影響を受け、日本でも⺠藝運動をはじめとする様々な活動が、現在に至るまで行われています。本展のメインキュレーションを行うgrafも同様に、「graf」という名前を「自分たちで時代を測る」という信念のもとに名付け、今日まで活動してきました。常に変化していく暮らしのなかで、驚きや発見に胸を踊らせ、新しい価値を模索し続け、何を基準に豊かな暮らしを定義するのか、素晴らしい表現とは何かを見出すことに挑戦しています。

「⺠衆のための芸術と今日の工芸」展では、審美の基準を自分自身で切り開いていく、社会へコミット するための方法論の見つけ方を、展覧会という形で提案します。参加アーティストは、elements、河合 浩、木下理子、サイネンショー、新工芸舎、丹野杏香、TROPE、野田ジャスミン、濱田祐史、YUKI HIDANOの10組。本企画では、「⺠衆のための芸術」と「今日の工芸」を制作する、日本各地で活動するアーティストを紹介します。かつての芸術運動は、昨今に至るまでにどのような影響を与え継承されてき たのか。現代を生きるアーティストたちの作品や思考に触れていただき、ものづくりや表現について、 今一度熟考するためのきっかけとなれば幸いです。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

●出展作家 10組

elements / エレメンツ

2015年に井上真彦、置⽥陽介、横⼭道雄により結成されたデザインプロジェクト。人の周囲に存在する様々な現象や要素の探求を通じて、ものづくりを行っている。それは、私たちがこの世界とどのように関わってきたのかを解剖し、⾃分たちも世界のひとつのエレメントであることを実感する試みでもある。
https://elements-p.net/  Instagram @elements_project

河合浩 / Yutaka Kawai
画家。東京都生まれ栃木県益子在住。CDジャケット、アパレル、雑誌等へのアートワークを手がけるほか、日々制作し、全国各地で展示活動中。 Instagram @kyeutk

木下理子 / Riko Kinoshita
美術作家。1994年東京都生まれ。2019年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了。サイアノタイプ(日光写真)の技法を用いたドローイング、身近な素材を使った立体、あるいはインスタレーションのような空間的な手法で、未知の世界や捉えきれない対象を引き寄せるアプローチとしての作品群を制作している。近年の個展に、22年「You are what you perceive」(東塔堂、東京 )、「Human Humor」(児玉画廊、東京)、23年「粒子」(Gallery MARUNI- AKIYA、東京)など。 Instagram @kico0703

サイネンショー / Sainenshow
2013年より関⻄を拠点に活動。陶芸家の松井利夫を中心に、芸術家や有志が集まり、使われなくなった 引き出物やノべルティー、安価な大量生産品など、回収の呼びかけに応じて集まった「不要陶器」を再び焼くことで、元の価値や用途を変容をさせ、再誕生させる試み。

新工芸舎 / Shinkougeisha
新工芸舎は、専門分化/システム化の進んで工業社会に対するオルタナティブとして、専門分野の再統合 や工芸的な素材との対話を標榜し、デジタル/アナログの垣根のない新しいものづくりの姿を構想、実践している。特に樹脂は工業的な生産を象徴とする素材で、⻑らく量産を前提として扱われてきたが、3Dプリンタの普及した社会では、限りなく工芸的な規模で扱える素材になった。3Dプリンタなどの工作機械が、モノの生産活動を個人的な営みへと還元しつつあるなかで、それらが育む新しい人間像や生き方の変化について考え、活動している。https://www.shinkogeisha.com/ Instagram @new_craft_house

丹野杏香 / Kyoka Tanno
1994年生まれ。東京都在住。書籍装画、パッケージ、挿絵などのアートワークを手がけるほか日々作品を制作し展示活動を行っている。Instagram @tanno_kyoka

野田ジャスミン / Jusmin Noda
1996年タイ生まれ。器物作品および、それらを用いたインスタレーション作品を制作。多様式な現代工 芸のカタチを明確にすることを目的に、工芸性のオリジンとも言える器物造形を通じて「工芸とアート 」の関わりについて言及している。「ghost」シリーズでは、素材表現由来の「割れ」を用いて、器物造 形から用途のみを抜き出し、工芸の持つ「用途と表現」の二面性の間にあるアンビバレントな表現を行なっている。主な個展に2020年「湖面に沈む」(KITAHAMAgallery、大阪)、23年「comet 彗星」( 阪急メンズ東京B-OWND gallery、東京)。 近年の展覧会に、21年「間をぬく、或いは」(建仁寺両足 院、京都)、22年「ゆらめくいきものたち」(galleryTerra-S、京都)、「明滅するクオリア」(TENSHA DAI、京都) ほか。Instagram @jusmin_noda

濱田祐史 / Yuji Hamada
1979年大阪府生まれ。2003年日本大学芸術学部写真学科卒業。東京を拠点に国内外で作品を発表して いる。写真の原理に基づき概念を構築し、自身の記憶、偶然などを介して写真の多様な表現機能に根ざしたパフォーマティブな作品を制作。近年の主な個展に、22年「Incidence and Reflection」(PGI、東 京)、展覧会に19年「至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16」(東京都写真美術館) 、20年「沈潜と 蒸留」(ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション、東京)など。http://hamadayuji.com/   Instagram @yuji.hamad

YUKI HIDANO / ヒダノユウキ
テキスタイルアーティスト。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。 様々な実験を繰り返すことで得たマテリアルの知識や特徴を、独自の視点で活かし、作品制作を行う。主な技法は織りを用いており、 原始的な制作方法でありながら、マテリアルやプロセスを工夫することで、 色々な媒体へと展開が可能になることを成果物を通して発表している。https://yukihidano.com/  Instagram @yukihidano

TROPE / トロープ
あらかじめ決められた用途や役割を与えられていない、使い手の想像力を伴うことで機能を見出すプロダクトシリーズ。物や情報があふれる今の時代に必要なものは何か?を考え、2011年から開始。2018 年からは建築家、哲学者、木工家など異なる領域で活躍している方々とTROPEの概念を再構築しながら 、展覧会やワークショップを経て実験と検証を繰り返している。これまでのプロダクトに大切だとされる機能ではなく、アイディアを引き出す知恵、サバイブのための道具づくりを目指し、誤解を恐れずに 言えば「不便な道具」を作るということを考え、生まれたプロダクト。

●会期

2023年11月10日(金)〜11月27日(月)

●会場

『BaBaBa』
住所|〒161-0033 東京都新宿区下落合2-5-15 1F
時間|12:00〜19:00 ※最終日のみ〜18:00まで ※水曜定休
入場|無料
電話番号|03-6363-6803 *11月11日(土)14:00〜15:30にトークイベントを開催予定です。
詳細は後日、発表させていただきます。

『OIL by 美術手帖ギャラリー』
住所|〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO2F
時間|11:00〜21:00 ※会期中無休入場無料
電話番号|03-6868-3064
MAIL|oil_gallery@ccc.co.jp

※オープニングレセプションを11月10日(金)19:00〜21:00に開催。
予約不要・入場無料。どなたでもご参加いただけます。
※展示作品は会場によって異なります。いずれのアーティストも両会場にて作品をご覧いただけます。

●主催

『graf』
大阪を拠点に家具の製造・販売、グラフィックデザイン、スペースデザイン、プロダクトデザイン、アートから食、イベントの企画運営に至るまで「暮らしのための構造」をキーワードに、暮らしにまつわ るさまざまな要素をものづくりから考え実践するクリエイティブユニットです。http://www.graf-d3.com/

『OIL by 美術手帖』
これまでアートシーンの動向を伝えてきた『美術手帖』が、日本を代表するギャラリーやアートストアとともにつくる“オンラインでアート作品を購入できるサービス”です。
メディアとしてアートと社会 をつなぐ役割を担ってきた『美術手帖』は、このサービスを通じて「アート作品の購入」という体験をお届けします。2019年秋には、渋谷パルコの2階にギャラリーをオープンし、アート作品との出合いの場を創っています。https://oil.bijutsutecho.com

  • Visual Design: paragram
Back to Top